大きさによる特徴

キャンピングカー

重量750kgが境目

アメリカやヨーロッパでの人気は高いですが、日本ではキャンピングカーの売れ行きは毎年あがってきていますが、キャンピングトレーラーの普及は進んでいません。しかし、必要なときだけ乗用車に繋いで移動することができる使い勝手の良さや天井高が高く広い室内の他、多くのメリットがあるため日本でも徐々にキャンピングトレーラーの台数が増えています。キャンピングトレーラーは重量が750kgを超えるか以下かで取り扱いが変わってきます。それはキャンピングトレーラーは牽引車に引っ張って移動することになるのですが、日本では750kgを超えるとけん引免許が必要になることです。そのため、国産のキャンピングトレーラーは750kg以下のものが多く製造されています。小型といっても家族4人でゆっくり過ごせるタイプのものも作られています。重さが750kg以下と軽いことからけん引する自動車は2000ccクラスのものでも問題なく走行できることで人気になっています。750kgを超える大型のキャンピングトレーラーの多くは輸入品になります。けん引免許が必要とはなりますが、大型ならではのゆとりのある車内は、動くホテルと言っても過言ではありません。アメリカ製のキャンピングトレーラーの多くには標準装備でソファーが備え付けられているなどとても豪華な作りになっていて、宿泊を伴う旅行であってもホテルを確保する気がおきないほど装備が充実しています。

Copyright© 2018 事故車を下取りするメリットとは?【できるだけ高値で処分しよう】 All Rights Reserved.